トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月28日 (木)

節木増(ふしきぞう)

節木増(ふしきぞう)

Photo_29 宝生流が女面の代表として用いる面で、鼻の付け根に檜のヤニがしみだして、それが逆にビューティスポットのような効果もつために、有名になり70円切手のデザインに用いられた、品格の高さに憂愁味を加えた面である

                                                                                                                  

Photo_31                                                                        (写真をクリックすると画面がおおきくなります  )                                    

孫次郎(まごじろう)

   孫次郎(まごじろう)

Photo_25 金剛流の代表的な女面で、「ヲモカゲ」とも呼ばれている、「孫次郎」という名は金剛右京大夫が、亡き妻の面影を写したといわれている。

「小面」よりすこし年増の女性を表した面で髪の中央から伸びた添え毛が二本で始まり、途中で二本加わった老けの表現によって示されている。

Photo_28 

                                                                                               (写真をクリックすると画面が大きくなります)                

万媚「まんぴ」

        Photo_5   万 媚(まんぴ)

小面の次に万の媚いわゆる色香を持つというのがこの面の特徴で、挑戦すればするほどむつかしく、「小面」や「若女」の色気と違う色気をどうして出したらよいか迷う面です。本面の作者のいう「百の媚に勝る」にはとても及びません。

第14回全国健康福祉祭広島大会2001ねんりんピック広島の 「彫刻の部」で山梨県代表に推薦されました。 

                 Photo_24                                                                                        

 

(写真をクリックすると画面が大きくなります)                                                                                                    

                                                                                             

若女「わかおんな」

       Photo_3    若 女(わかおんな

観世流の幽玄能を演じるために創作した女面。「小面」の処女性の美に比べ理知的で上品な成熟した女性の美を表している。

         Photo_4

                                               (写真をクリックすると画面が大きくなます)                                            

小面(こおもて)

小 面(こおもて)

Photo_14 能の女面には若い女面から老女まで年齢の違う何種類かの面があるが、中でもっとも若い女性の面がこの小面という面です。

「小面」の小には若いというだけでなく可憐なあるいは美しいという意味も含まれている。「松風」「井筒」「羽衣」等に用いられる

                  

                      Photo_13                           

      ( 写真をクリックすると画面が大きくなりま

  Photo_14

トップページ | 2007年7月 »